5 of 9

倒景の憑依する炎 / Universe of Fire Particles on the Water’s Surface

teamLab, 2021, Digital Installation, Continuous Loop

倒景の憑依する炎 / Universe of Fire Particles on the Water’s Surface

teamLab, 2021, Digital Installation, Continuous Loop

炎は、燃焼することによって発生する光や熱の現象であり、物質ではなく、燃焼と呼ばれる化学反応を見る時の私たちの感覚的な経験である。人々は、感覚的な経験である炎をひとつの物体のように認識し、時にはそこに生命を感じる。

燃焼する気体の分子の動きによって、空間上に線を描く。そして、その線の集合で炎を描いている。その線の集合体を、チームラボが考える「超主観空間」によって平面化し、炎を描いている。

炎は、黒い絶対的な存在によって、形が変化していく。