ひとつなぎのベンチ / One Stroke Bench

teamLab Architects, 2018

ひとつなぎのベンチ / One Stroke Bench

teamLab Architects, 2018

一筆書きのように、つながった一本でできたベンチ。
複雑に重なる平面、連続する曲面は、座るための椅子、食べるためのテーブル、子供たちにとっての遊具、休憩するための寝椅子と機能が自由に変化していく。立体的に交差した部分は、一塊にも見え、彫刻でもある。ひとつづきのベンチは、建物に巻き付き、建物ではカウンターとして、建物とベンチがシームレスにつながり、有機的な連続性をもつ1つの風景をつくりだす。